パンフレットやカタログはデジタルが主流

パンフレットやカタログは顧客に配布を行い、商品もしくはサービスの魅力を伝える目的を持つ印刷物です。

魅力を伝えると同時に訴求力により購入意欲を高めさせるなどの作り込みが大切ですが、これはウェブ制作の中でも同じ事が言えましょう。

最近のパンフレットやカタログはデジタルが主流で、DTPソフトウェアでページレイアウトを制作してデジタルデータを使って印刷が行われるなど、印刷物に利用した写真やイラストなどをウェブ制作の中で活用するシーンも少なくありません。

制作会社を一つにまとめると流れがスムーズになります

ウェブ制作の中ではページの中で利用する写真やイラスト、会社の概要や沿革の情報などを会社案内や製品カタログなどから流用するケースがあります。

会社の概要、沿革、製品サービス情報などについては印刷物を用意しておけばウェブ制作の中で活用する事が出来ますが、写真やイラストなどのデジタルデータについては制作会社に対して必要な素材を用意して貰う必要が出て来ます。

依頼する側はウェブ制作会社から求められている素材を、カタログやパンフレットを制作した会社に依頼するなどの手間が必要になります。

しかし、一括で発注を行っている場合には、こうした手間を省けるメリットがあるので制作会社を一つにしておけば流れがスムーズになるわけです。

デジタルデータの場合には修正や変更が生じた時など、手間を掛けずに短期間で改版を行える、ウェブ制作と印刷制作を一つにまとめておけば、印刷物およびウェブサイトの修正を一括で行って貰えるなどのメリットもあります。

プログラムを組む際に、専用の独特の言語を使って記述を行うことをコーディングといいます。作ったデザインを正しく見られるようにするのに必要な作業です。