新入社員研修は目的が第一

新入社員研修と聞けば、基本的なビジネスマナーを教えれば良いと考える講師が実は意外と多いものです。もちろんこれだけでは、求めるような成果は得られません。まず最初に何故その研修を行うのか、目的を定める必要があります。そしてそれを新入社員に周知しなければなりません。何のために研修を受けるのかが明確でなければ、漠然と話を聞いて終わってしまうからです。

効果の測定ができる形になっているか

新入社員の研修で最も大切なことは、その成果を測定できるかどうかということです。さらに具体的に数値化できる形になっている必要もあります。効果測定を行い、それを次の講義にフィードバックしなければ、いつまでも無意味な研修が続くことになってしまいます。測定項目は自由に決めることができますが、例えば分かりやすい内容であったか、会社の理念は理解できたかなど具体的に定めることが大事です。

業務への関連性はあるのか?

これも新入社員の研修には必要なことです。どれほど役立つビジネススキルを教えたとしても、次の日から取り組む業務に生かせないのであれば、次第に忘れてしまいます。また仕事の成果につながらないので、必ず確認する必要があります。

いつまでに身につけるものなのかを明確にする

研修で教えるスキルなどは、いつまでに身につけるべきことなのかを明確に定めることが大切です。期限を定めなければ新入社員は、緊急性が低いと判断して大事なものだとは認識しません。折角教わったことも、次第に忘れてしまうことになります。必ず期限を定めて、マスターすべき期日というものを認識させるようにすることが大事です。

社員研修を専門家に依頼することで、社員の仕事などの意識を向上させることが期待できるのでとても需要があります。