管理人として注意しなくてはならない

インターネット上でブログなどを開設していて自らのブログやホームページにユーザーが自由に書き込めるコメント覧を設置している場合には自分に管理権のあるページに不特定多数のユーザーの書き込みが表示されます。この書き込みはそのホームページやブログの管理者が書いたものではありませんが、そこに他人を誹謗中傷するような内容があった場合の責任は管理者に発生します。そのため自分のウェブサイトにユーザーによって書き込まれたコメントによって管理人が賠償請求される事もあるので、ウェブサイトを管理する時は充分注意をしなくてはなりません。

管理人としての誹謗中傷対策

ブログやホームページを運営する時に管理者として誹謗中傷にあたる内容の書き込みを防止する方法はいくつかあります。まず運営しているウェブサイトをインターネット上に公開はするものの広く一般に公開するのではなく、親しい人にだけ公開できれば良いという場合は特定のユーザーにだけサイト上にアクセスできるようにパスワード等を設定すると良いです。こうする事で自分が許可した人以外はアクセスできない状態になるので、問題のある書き込みをするユーザーを排除する事ができます。誰でもアクセスできる形でウェブサイトを公開する場合でもコメントをユーザーが書き込んでそのまま反映されるのではなく、管理人である自分が承認してはじめて反映されるように設定するのも有効です。こうすれば問題がある書き込みを一時的にもページに表示しなくて済みます。もしコメント欄が必要ないという場合は撤去してしまうのも誹謗中傷対策として有効です。

逆SEOとは、対象のホームページが検索上位に表示されないようにすることです。主に、誹謗中傷対策として用いられます。