会社での対処・対策の仕方

誹謗中傷されていると気づいた時は、されている箇所によって違ってきます。でも、大体の対策としては、最初に誹謗中傷された箇所を管理者に伝えてデリートして貰う事です。それから、逆SEOという方法もあります。これは、違う別のwebサイトを作り、決まった単語を検索した時に、誹謗中傷されたwebサイトを上位に表示させないようにする方法です。このほかに、関係する検索キーワードを対象からデリートし、webサイトで検索した時に表示されないようにする方法です。でも、凄く悪質だなぁと思った時には、誹謗中傷しているwebサイトを探し当て、警察所に行って訴えるとか損害を被った時には賠償を請求するとかなどの法律的な行動を起こすことも出来ます。それには、webサイト専門で対策をしてくれる会社か弁護士にお願いしましょう。

ブログでの対処・対策の仕方

ブログで特定される写真や情報を更新すると、書いている自分自身が知らないところで特定されたり、誹謗中傷されてしまうことがあります。本人は、全然そんなつもりはなかったのに、いつのまにかにそうした誹謗中傷の関係者になってしまったら、楽しく更新しているブログがダメになってしまいます。そんな誹謗中傷の被害にあわないようにするには、個人・法人を問わず、まずはブログに書き込む情報や写真そして、ひと個人を特定されるようなものを書かない事です。それから、コメント欄に執拗にコメントをしてくる時があります。その場合、丁寧に答える必要はありません。でも、どうしても誹謗中傷の書き込みを見たくない時は、コメントの欄を非表示にしましょう。

誹謗中傷対策とは、ネット上で問題のある書き込みをされた場合に本人がサイトの管理者に対し削除要請を依頼できます。