小さな子供にもプライバシーはある

プライバシーというのは誰にでもあるもので、もちろん年齢に関係なく小さな子供にもプライバシーはあります。小学生などはまだ親の管理が必要ですから、保護されることは当たり前ですよね。テストで悪い点を取ったからといって親には隠せませんが、いくら仲が良いからといって友達に見せる必要はありません。自分で作った工作やオリジナルで描いた絵などは、他人に迷惑をかけるものではないし、自分の宝物として自分だけの秘密の場所に隠しておいてもいいですよね。

学生におけるプライバシー

年齢が上がるにつれプライバシーは増えていきます。小学生から中学生、中学生から高校生へと年齢が上がるにつれ、重要なプライバシーができるものです。親に干渉されたくないと思うことは、まさにプライバシーと言えます。親に言われたくないや知られたくないこととしては、恋愛問題などが挙げられるでしょう。学校の成績などなら親に報告しなければいけない義務がありますが、好きな異性まで報告することはありません。むしろ勝手に調べられたりしたら、それこそプライバシーの侵害ですね。

大人ほどプライバシーを抱える!

親と離れて一人で暮らすようになればもう立派な大人です。大人になるとよくわかりますが、重要な書類は自分で管理しなければなりません。会社で扱うデータなども失くすことができませんし、大人の身の回りには、守らなければならないプライバシーがどっさりあるんです。恋人がいる人なら、彼氏や彼女が写った写真を持っていることでしょう。そういった写真が紛失したりすると、自分だけではなく相手にも迷惑がかかりますよ。大人なら他人を巻き込むようなプライバシーの流出には、十分注意しなければなりません。

シュレッダーは長く使い続けるとローラー部分に紙屑が詰まってしまいます。こまめに掃除する必要がありますが、怪我をすることがあるので電源を切ってから掃除を行うことが大切です。